年に一度は飛行機が飛ばないという話。

こんにちは。正月休暇も終わりが見えてきましたがいかがお過ごしでしょうか?

 

長期休暇明けの仕事は嫌だという人が多いですが、私は休み明けの月曜日はけっこう好きです。休日に好きなことをして心身ともに充実した状態で仕事に入れますので、仕事の効率化いつもの3割増しで進むからです。ちなみに一番嫌いなのは水曜日、No 残業デーとは名ばかりかと思うくらい仕事が進みません。

 

年始には幼馴染と地元の神社に初詣に行くのが恒例なのですが、今年も例によって初詣に行きました。どうやら幼馴染は結婚するそうです。結婚式ラッシュで祝い疲れの私も思わずにっこり。盛大にお祝いする所存です。なんやこんなありながらもおみくじを引きました。

 

旅行 倖いあり 日を選べ

 

さいわいと読むのになぜ人偏がつくだけで不幸な意味に早変わりする予感がするのでしょうか?私は仕事柄海外出張が多く、年に12-15回は海外に行くのですが、そのうち最低1回は飛行機が飛ばず空港宿泊、ホテル宿泊になるのです。

原因もさまざまあって、台風直撃による運休、大雪による運休、乗り継ぎ便の遅れで帰国出来ずetc.

そんな私へのあてつけかと涙を流しそうになりましたが、今日は(当時)1/1 0:45。新年というめでたい日に流す悲しみの涙は罰当たりに違いないと涙をぐっとこらえて、おうちでGoogle先生に質問することにしました。

 

思いがけないしあわせ。こぼれざいわい。

「幸い」と区別し、難を危うくのがれての幸運の意。

漢字ペディアより

 

飛行機関係でトラブルはだいたい体験してきたのですが、これ以上どんなトラブルが待ち受けているのでしょうか。死なないだけ幸せということなのかもしれません。

 

ちなみに飛行機が運休・乗り過ごしになったときは

〇航空会社因での欠航、乗り継ぎ時間に間に合わなかった場合

➡乗り継ぎ先でホテルチケットがもらえ、ホテルまで送迎+1食分の食事券の手配される

〇大雪などで空港自体の機能がシャットダウン

 ➡どこかで水・非常食・寝袋が配布される

ので、慌ててホテルを取ることなく、チケットカウンターに相談するのがおすすめです。

 

 

 

 

コメント