初心者のためのダイエット論3

健康

初心者のためのダイエット論の第3弾になります。ダイエットでせっかく絞ったとしてもすぐに太ってしまったら元の子もないですよね。今回はリバウンドを防ぐ、つまり食べたものが体脂肪にならないようにする、ということに焦点を当てていきたいと思います。

 

3.食べたものが体脂肪にならないようにするには

a. GI値とインスリン

b. 消化の遅い食材とは

 

a. GI値とインスリン

消化・吸収の早い食材よりも消化・吸収の遅い食材のほうが太りにくいという話を聞いたことがありますか?この話にはGI値という考え方がはいってきます。少し小難しい話になりますが、ご容赦ください。

GI(グリセミック・インデックス)値とは食後の血糖値の上昇率を表す指標のことです。

一般に白米などの消化の早い食材は血糖値が上がりやすく(GI値が高い)、玄米などの消化の遅い食材は血糖値が上がりにくい(GI値が低い)といわれています。GI値が高い食材ほど血糖値が急激に上がるため血糖値を下げるホルモンであるインスリンがたくさん分泌されます。このインスリンの分泌量が太りやすい食材、太りにくい食材にかかわってきます。

生物の授業で習った方も多いと思いますが、インスリンとはホルモンの一種で消化・吸収された栄養素を細胞に運び込むという役割をもっています。詳しい説明は省きますが、インスリンが脂肪細胞に働いたら体脂肪になりますし、筋細胞に働いたら筋肉へとなります。

一般的にインスリンの分泌量が少なくなると体脂肪になりにくいのですが、消化・吸収の遅い食材はインスリンの分泌が少なくなるのです。だから消化・吸収の遅い食材は太りにくい食材だといわれているのです。

この考え方からもわかる通り、食べたものを脂肪にならないようにするためには消化の遅い食材を食べてあげるというのが重要になります。

 

b. 消化の遅い食材とは

そうはいっても消化の遅いものばかり食べてられないですよね。玄米は美味しくないし白米がなければご飯が進まないという方も多いと思います。安心して下さい。食事とは単品の料理ではなくトータルで考えるものなのです。消化の遅い食材も併せて食べてあげることで食事トータルとして血糖値の上がりにくい食事としてあげましょう。

消化が遅い料理とは言い換えると腹持ちの良い料理。したがって料理に下記を加えてあげましょう。

1.油を加える

2.食物繊維を加える

油を加えるとカロリーが上がってしまいますのでここでは考慮しないとして、残り2点について考えていきましょう。

食物繊維は大きく分けて1.水溶性食物繊維と2.非水溶性食物繊維の2種類あります。

水溶性食物繊維とは文字通り水に溶ける食物繊維のことで、消化器官の中でゲル状になり食べ物の移動を遅くしてくれます。また腸内細菌の餌にもなる非常に優れモノです。腸内細菌が活発になると健康にも影響がありますので、しっかりと食べるようにしましょう。トクホに入っている難消化デキストリンが有名ですが、水溶性食物繊維ではイヌリンがおすすめです。

非水溶性食物繊維とは水に溶けない食物繊維のことで、水を吸うことで何倍にも膨れ上がるものです。それによって満腹感を与えたり便秘の予防にもつながります。

 

せっかく痩せたのに暴飲暴食でもとの体に戻ってしまうのは避けたいですよね。太りにくくおいしい食事にするために食物繊維を普段の食事から取り入れるようにしましょうね。

コメント

  1. […] 食べたものが体脂肪にならないようにする(運動と食事) […]