お金持ちになるための心構え

お金

新年改めいい気分ということで今回は私が大切にしているお金持ちになるための心構えを書いていこう。当ブログは雑記ブログなので文体も内容も好きなようにかけるのがいいところである。

 

<お金持ちになるためのルール>

1.具体的な目標を持つこと

2.優秀な師を見つけること

3.着実に進歩すること

 

1.具体的な目標を持つこと

友人と話していて「お金持ちになりたい」など夢を語り合うことはあるのだが、夢を語るだけでは実現可能性は皆無だ。またお金というのはあくまで”ツール”であるからお金を稼いでもやりたいことがなければその行為はただの徒労である。お金を稼いで何がしたいのか、という目標が重要である。

私の愛すべき後輩は寄付やボランティアなどの慈善活動が趣味で休日はボランティアに出かけている。毎月どこかの団体に寄付しているそうだが、彼女曰く「私は十分お金持ちだからこれ以上の稼ぎはいらない」とのことだ。

人によってどこまでの稼ぎがお金持ちかという基準は変わる。お金を稼いだ時自分が何をしたいのかそのためにはいくら必要なのか、というところまで考えるのがお金を稼ぐための一歩である。今の稼ぎで十分であるのならお金を稼ぐことではなく自分が幸せになることに時間を使おう。(幸せになる方法という記事は気が向いたら書く。)

 

2.優秀な師を見つけること

具体的な目標が決まったらお金を稼ぐ方法を考えよう。資本主義社会においてピケティの提唱しているr>gという法則は紛れもない事実である。労働者は資本家には勝てないのであれば資本家になる方法を考え出さなければならない。資本家になるためにはどうすればいいのか。それは優秀な先人たちの知恵を借りることである。世の中には良書と呼ばれる本が大量にあり、自分よりもはるかに賢い人たちが経済の仕組みやお金の稼ぎ方についてたくさん説明してくれているのである。

例えば陸上競技で考えるとかつては100mで10.0秒を切ることはできなかったが、10.0秒を切るだけではメダルにする届かない。靴やトラックといった技術的な進歩も一因ではあるが、間違いなく練習の質やフォームがレベルアップしたことによる。

自分の頭で考えるには限界がある。お金を効率よく稼ぐためには優秀な師を見つけて方法について学ぶことだ。できれば正しいフィードバックを得ること。そうすれば最短距離でお金を稼ぐ方法が身につくだろう。

 

3.着実に進歩すること

人間にはホメオスタシス(恒常性)というものがある。簡単にいうと「生物の生理状態は一定であること」だが、人間の体は刺激に慣れるということである。シンギュラリティが近いといわれているが、世界の技術は恐ろしい勢いで進歩してきている。現状維持では衰退の一歩をたどるのみであると考えて、自分を高めていけるように日々勉強することを心がけよう。

 

現状に悩みがあるのなら勉強を始めよう。思い立ったらすぐに行動だ。

コメント