お金を稼ぐ戦略について考えた。

お金

こんにちは。きたのです。

今日も引き続き性懲りもなくお金の話をしようと思います。

 

なぜ似たようなテーマが続くかというと、

このブログは主に個人的に忘れたくないこと、自分の考えを整理するため

に作成したものなので、個人的なトレンドに大きく左右されてしまうのも当然なのかもしれません。

しばしお付き合いいただけると幸甚です。

 

さて、今回はお金を稼ぐにあたっての個別戦略について考えていきたいと思います。

このブログで何度も出ている考え方なのですが、私はなにかを始める前にはまず現状把握というものが一番重要だと考えております。

まずはなぜお金を今より稼ぐ必要があるのか?という部分を考えてから下記を読み進めてもらえると話がスムーズです。未読の方はこちらを先にご参照ください。

 

 

さて現状把握した上でお金を稼ぐ戦略を3つの区分別に分けて考えてみました。

 

  • 収支がマイナスの人
  • 収支がとんとんの人
  • 収支がプラスの人

 

では行きましょう。

 

収支がマイナスの人

収支がマイナスの人というのは文字通り支出が収入よりも多いという状況で、一刻も早く抜け出す必要があります。

 

こういう人の特徴は

  • 収入が不安定であること
  • 支出と収入のバランスを把握していないこと

の2点につきます。

 

収入が不安定であるからこそ収支バランスが把握できていなかったり、自己のコントロールが難しくなっているのです。

また来月お金がたくさん必要だから長時間労働して稼いで、来月はあまり働けないため賃金が下がり、結局その日暮らしのような生活リズムに陥りがちです。

 

そんな人への脱出戦略ですが、まずは

  • 収入を安定させること
  • 収入と支出のバランスを把握すること

から取り組むようにしてみてください。

 

大切なのはまずはマイナスバランスから脱出すること。

収入が安定すると未来の話が描けますし、収支バランスを調整できます。

その上で自分がどこを目指すかを考えていきましょう。

 

収支がとんとんの人

収支がとんとんな人とは収入と支出の差し引きが0の人です。

つまり借金はないけど貯蓄もないという人。

 

収入を増やすか、支出を減らすかという二元論になりがちですが、それが簡単にできればどうということはありません。

そんな人は「来月収入が支出より○○円上回るにはどうすればいいか」というような具体的な作戦に落とし込んでみてください。

 

例えば来月の収入が1万円上げるためにはどうすればいいでしょうか?

いつもより残業をする?副業でアルバイトをする?祖父母に会いに行ってお小遣いをもらう?

いろいろな手段が思いつくと思います。

 

では来月の収入を10万円上げるためにはどうすればいいでしょうか?

これであればすぐに方法を思いつく人は少なくなるのではないでしょうか?

では1年後の年収を120万円多く稼ぐという場合はどうでしょうか?

来月の10万円よりも簡単に思えませんか?

 

とんとんの人がお金をプラスに持っていく上で大切なのは

  • 自分がどれだけお金を多く稼ぎたいのか
  • いつまでに多く稼ぐ必要があるのか

を明確にすることです。

 

あいまいにただお金を稼ぎたいと考えるから、目的地が見えにくくなります。

目的・手段・時期を明確にして、それを見合うように行動しましょう。

 

収支がプラスの人

収支がプラスの人は稼ぎも安定していて、生活も余裕がある人です。

これ以上なにを望むのかといいたくなりますが、よりよい生活を目指すのが人間の性というもの。

 

自分の目的のためさらにお金を稼ぎたいという人こそ投資に挑戦しましょう。

ピケティが提唱した通り「r>g」というのは事実で、資本家には労働者は勝てません。

資本に余裕があるあなたは投資に挑戦してみましょう。

 

鉄則は投資は余剰資金から。

排水の陣で挑んで成功するのは限られた人です。凡人こそ正しい判断には余裕が必要です。

しっかりと戦略を練ったうえでお金に働いてもらいましょう。

 

コメント